総説・著書 Review Articles & Books

Review Articles and Books

  1. Miyata H, Morohoshi A, Ikawa M.
    Analysis of the Sperm Flagellar Axoneme Using Gene-Modified Mice.
    Exp Anim. 2020 Jun 18. doi: 10.1538/expanim.20-0064. Online ahead of print.
    https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32554934/ 
     
  2. Noda T, Ikawa M.
    Physiological function of seminal vesicle secretions on male fecundity.
    Reprod Med Biol. 2019 Jun 17;18(3):241-246. doi: 10.1002/rmb2.12282.
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31312102
    RMB Editor's Choiceに選ばれました
     
  3. Castaneda JM, Miyata H, Ikawa M, Martin MM.
    Sperm Defects. Encyclopedia of Reproduction 2nd Edition. ELSEVIER 2018; Vol 4: 276-81. doi:10.1016/B978-0-12-801238-3.64778-5.
    https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/B9780128012383647785?via%3Dihub
     
  4. Satouh Y, Ikawa M.
    New Insights into the Molecular Events of Mammalian Fertilization. Trends Biochem Sci. 2018 Aug 28. pii: S0968-0004(18)30154-3. doi: 10.1016/j.tibs.2018.08.006.
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30170889
    Available for free download until 2018/11/13
     
  5. Fujihara Y, Miyata H, Ikawa M.
    Factors controlling sperm migration through the oviduct revealed by gene-modified mouse models. Exp Anim. 2018 Jan 22. doi: 10.1538/expanim.17-0153.
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29353867
     
  6. Abbasi F, Miyata H, Ikawa M.
    Revolutionizing male fertility factor research in mice by using the genome editing tool CRISPR/Cas9. Reproductive Medicine and Biology. 2017 Oct 14. doi: 10.1002/rmb2.12067.
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29371815  
     
  7. Tobita T, Kiyozumi D, Ikawa M.
    Placenta-specific gene manipulation using lentiviral vector and its application. Placenta. 2017 Sep 28. pii: S0143-4004(17)31126-8.
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28988726  
     
  8. Noda T, Oji A, Ikawa M.
    Genome Editing in Mouse Zygotes and Embryonic Stem Cells by Introducing SgRNA/Cas9 Expressing Plasmids. Methods Mol Biol. 2017 1630:67-80.
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28643250  
     
  9. Fujihara Y, Ikawa M.
    GPI-AP release in cellular, developmental, and reproductive biology. J Lipid Res. 2016 Apr;57(4):538-45.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26593072  
     
  10. Young SA, Aitken RJ, Ikawa M.
    Advantages of using the CRISPR/Cas9 system of genome editing to investigate male reproductive mechanisms using mouse models. Asian J Androl. 2015 Jul-Aug;17(4):623-7.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25994645  
     
  11. Young S, Baker M, Ikawa M.
    Genome Editing in Mice Using CRISPR/Cas. Targeted Genome Editing Using Site-Specific Nucleases. Springer Japan 2014;151-166.
    http://link.springer.com/chapter/10.1007/978-4-431-55227-7_10  
     
  12. Fujihara Y, Ikawa M.
    CRISPR/Cas9-Based Genome Editing in Mice by Single Plasmid Injection. Methods Enzymol. 2014;546C:319-336.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25398347
     
  13. Inoue N, Ikawa M, Okabe M.
    The mechanism of sperm-egg interaction and the involvement of IZUMO1 in fusion. Asian J Androl. 2011; 13(1):81-7.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21057513
     
  14. Ikawa M, Inoue N, Benham AM, Okabe M.
    Fertilization: a sperm's journey to and interaction with the oocyte. J Clin Invest 2010;120(4):984-94.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20364096
     
  15. Ikawa M, Inoue N, Okabe M.
    Mechanisms of sperm-egg interactions emerging from gene-manipulated animals. Int J Dev Biol 2008;52(5-6):657-64.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18649279
     
  16. Sato T, Kurokawa M, Nakashima Y, Ida T, Takahashi T, Fukue Y, Ikawa M, Okabe M, Kangawa K, Kojima M.
    Ghrelin deficiency does not influence feeding performance. Regul Pept 2008;145(1-3):7-11.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17913260  
     
  17. Inoue N, Yamaguchi R, Ikawa M, Okabe M.
    Sperm-egg interaction and gene manipulated animals. Soc Reprod Fertil Suppl 2007;65:363-371.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17644977  
     
  18. Ikawa M, Yamada S, Nakanishi T, Okabe M.
    Green fluorescent protein (GFP) as a vital marker in mammals. Curr Top Dev Biol 1999;44:1-20.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9891875
     
  19. Imai E, Akagi Y, Isaka Y, Ikawa M, Takenaka M, Hori M, Okabe M.
    Glowing podocytes in living mouse: transgenic mouse carrying a podocyte-specific promoter. Exp Nephrol. 1999;7(1):63-6.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9892816?dopt=Abstract
     
  20. Okabe M, Ikawa M, Ashkenas J.
    Male infertility and the genetics of spermatogenesis.
    Am J Hum Genet 1998;62(6):1274-81.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9644029
     
  21. Ikawa M, Yamada S, Nakanishi T, Okabe M.
    'Green mice' and their potential usage in biological research. FEBS Lett 1998; 430(1-2):83-87.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9678599  
     
  22. Akagi Y, Isaka Y, Akagi A, Ikawa M, Takenaka M, Moriyama T, Yamauchi A, Horio M, Ueda N, Okabe M, Imai E.
    Transcriptional activation of a hybrid promoter composed of cytomegalovirus enhancer and beta-actin/beta-globin gene in glomerular epithelial cells in vivo. Kidney Int. 1997; 51(4):1265-9.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9083295

総説・図書(日本語)

  1. 野田大地,大浦聖矢,伊川大地. CRISPR-Cas9を用いた疾患モデルマウスの作製――不妊モデルマウスを例に
    「ゲノム編集の未来」医学のあゆみ 2020年5月30日 医歯薬出版(株) 273(9);P774-779.
    https://www.ishiyaku.co.jp/magazines/ayumi/AyumiBookDetail.aspx?BC=286670
     
  2. 野田大地,大浦聖矢,伊川大地. gRNA/Cas9複合体を用いたマウスでのゲノム編集
    実験医学別冊 完全版 ゲノム編集実験スタンダード 羊土社2019;251-266.
    https://www.yodosha.co.jp/yodobook/book/9784758122443/ 
     
  3. 諸星茜,宮田治彦,伊川正人. ゲノム編集技術を用いた精子機能の解析
    サイエンティスト社 2018年9月 谷本学校 毒性質問箱 第20号 P30-36.
    http://scientist-press.com/11_345.html  
     
  4. 宮田治彦, 伊川正人. ゲノム編集と生殖工学への応用
    臨床婦人科産科 Vol.71 No.5 今月の臨床 万能幹細胞・幹細胞とゲノム編集 再生医療の進歩が医療を変える 医学書院 2017;432-438
    http://www.igaku-shoin.co.jp/journalDetail.do?journal=37240  
     
  5. 野田大地,大字亜沙美,伊川正人. マウスでのゲノム編集
    実験医学増刊 Vol.34 No.20 All Aboutゲノム編集 羊土社 2016;111-118
    https://www.yodosha.co.jp/jikkenigaku/book/9784758103596/index.html  
     
  6. 藤原祥高,佐藤裕公,伊川正人. 生殖不全の表現型解析
    実験医学別冊 マウス表現型解析スタンダード 羊土社 2016;216-227
    https://www.yodosha.co.jp/jikkenigaku/book/9784758101981/  
     
  7. 野田大地,大字亜沙美,伊川正人. ゲノム編集技術を使った遺伝子改変マウスの作製
    実験医学別冊 マウス表現型解析スタンダード 羊土社 2016;74-82
    https://www.yodosha.co.jp/jikkenigaku/book/9784758101981/  
     
  8. 宮田治彦, 伊川正人. 精子カルシニューリンが受精能力に必要
    医学のあゆみ Vol. 258 No. 9 医歯薬出版株式会社 2016; 866-867
    https://www.ishiyaku.co.jp/magazines/ayumi/AyumiBookDetail.aspx?BC=925809  
     
  9. 宮田治彦, 伊川正人. 精子カルシニューリンはオスの生殖能に必須である
    臨床免疫・アレルギー科 Vol. 66 No. 1 科学評論社 2016; 66-71
    http://www.kahyo.com/item/M201607-661  
     
  10. 伊川正人. ゲノム編集・遺伝子改変技術と生殖医学
    HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY メディカルレビュー社 2016.6 Vol.23 No.2;13-20
    http://www.m-review.co.jp/magazine/detail/J0015_2302  
     
  11. 宮田治彦,伊川正人. マウスの生殖能力に必須な精子カルシニューリンは男性避妊薬の標的となりうる
    Japanese Scientists in Science 2015
    American Association for the Advancement of Science(AAAS) 2016;64
    Japanese_Scientists_Science 2015.pdf  
     
  12. 宮田治彦,伊川正人. カルシニューリンは精子中片部の屈曲能とオスの生殖能に必須である
    細胞工学 Vol.35 No.3 学研メディカル秀潤社 2016;230-231
    http://gakken-mesh.jp/journal/detail/9784780901764.html  
     
  13. 宮田治彦,伊川正人. マウスの生殖能力に必須な精子カルシニューリンは男性避妊薬の標的となりうる
    実験医学 2016年3月号 病態を再現・解明し、創薬へとつなぐ 疾患iPS細胞 羊土社 2016;596-599
    https://www.yodosha.co.jp/jikkenigaku/book/9784758101493/index.html  
     
  14. 藤原祥高,伊川正人. マウスでのゲノム編集.
    実験医学別冊 論文だけではわからない ゲノム編集成功の秘訣Q&A 羊土社 2015; 106-123
    https://www.yodosha.co.jp/jikkenigaku/book/9784758101936/index.html  
     
  15. 宮田治彦,伊川正人. 精子カルシニューリンは雄の生殖能に必須である.
    ライフサイエンス新着論文レビュー. 2015;
    http://first.lifesciencedb.jp/archives/11817  
     
  16. 宮田治彦,伊川正人. ゲノム編集技術による疾患モデルマウスの作出.
    進化するゲノム編集技術. エヌ・ティー・エス  2015; 123-132
    http://www.nts-book.co.jp/item/detail/summary/bio/20151000_144.html  
     
  17. 野田大地,伊川正人. CRISPR/Casシステムを用いた遺伝子改変マウスの作製とその応用.
    生産と技術 一般社団法人 生産技術振興協会 2015; Vol.67 No.3;37-42
    http://seisan.server-shared.com/673/673-37.pdf  
     
  18. 野田大地,伊川正人. 哺乳類におけるゲノム編集の現状と今後の展望.
    脳21 株式会社金芳堂 2015; Vol.18 No.1;104-109
    http://www.kinpodo-pub.co.jp/shosai/o0168-vol18-1.html  
     
  19. 藤原祥高,伊川正人. マウス個体でのゲノム編集(2)──簡便かつ迅速な遺伝子改変マウス作製法について.
    医学のあゆみ 医歯薬出版株式会社 2015; 252,No.2;165-169
    http://www.ishiyaku.co.jp/magazines/ayumi/AyumiArticleDetail.aspx?BC=925202&AC=14572  
     
  20. 伊川正人.ゲノム編集-基礎から応用へ【監修】医学のあゆみ
    医歯薬出版株式会社 2015; 252,No.2
    http://www.ishiyaku.co.jp/magazines/ayumi/AyumiBookDetail.aspx?BC=925202  
     
  21. 伊川正人. ゲノム編集がひらく遺伝子改変マウスの未来.
    領域融合レビュー 2014; 3, e008
    http://leading.lifesciencedb.jp/3-e008/  
     
  22. 藤原祥高,伊川正人. マウスのゲノム編集がもたらす可能性.
    実験医学 株式会社羊土社 2014; 32,No.11;1709-1714
    https://www.yodosha.co.jp/jikkenigaku/book/9784758101295/index.html  
     
  23. 藤原祥高,伊川正人. マウスにおけるCRISPR/Cas9を用いた遺伝子改変.
    実験医学別冊 最強のステップUPシリーズ 今すぐ始めるゲノム編集. 株式会社羊土社 2014; 95-107
    https://www.yodosha.co.jp/jikkenigaku/book/9784758101905/index.html  
     
  24. 伊川正人. 【監修】【OVER VIEW】受精メカニズム新論争 ドグマの再構築.
    細胞工学 学研メディカル秀潤社 2014; 33,No.4;362-365
    http://gakken-mesh.jp/journal/detail/9784780901535.html  
     
  25. 藤原祥高,伊川正人. 【各論】精子と透明帯の相互作用.
    細胞工学 学研メディカル秀潤社 2014; 33,No.4:380-385
    http://gakken-mesh.jp/journal/detail/9784780901535.html  
     
  26. 佐藤裕公,広橋教貴. 【各論】哺乳類受精のライブイメージング.
    細胞工学 学研メディカル秀潤社 2014; 33,No.4:393-399
    http://gakken-mesh.jp/journal/detail/9784780901535.html  
     
  27. 岡部勝. 【せるてく・あらかると】論文の大半は再現不能!?:KO実験のススメ.
    細胞工学 学研メディカル秀潤社 2014; 33,No.4:420-421
    http://gakken-mesh.jp/journal/detail/9784780901535.html  
     
  28. 伊川正人. 【各論】胎盤の遺伝子操作.
    細胞工学 学研メディカル秀潤社 2012; 31,No.290-295.
    http://gakken-mesh.jp/journal/detail/9784780901283.html  
     
  29. 藤原祥高,伊川正人. 生殖. In: 山村研一, 若菜茂晴 (eds.), 疾患モデルマウス表現型解析指南;中山書店 2011; 213-220.
     
  30. 森岡裕香,藤原祥高,伊川正人. ノックアウトマウスプロジェクト. In: 小幡裕一, 城石俊彦, 芹川忠夫, 田中啓二, 米川博通 (eds.), モデル動物利用マニュアル: エル・アイ・シー 2011; 459-468.
     
  31. 伊川正人,岡部勝. 生殖. In: 永田和宏、, 塩田浩平 (eds.), 医学のための細胞生物学: 南山堂 2009; 171-178.
     
  32. 佐藤裕公,伊川正人. 2章 知っているようで,意外に知らない基礎知識に関するQ&A,. In: 宮戸 健二, 岡部 勝 (eds.), 顕微鏡活用なるほどQ&A. 東京: 羊土社 2008; 全203.
     
  33. 伊川正人,井上直和,岡部勝. 目で見るリプロダクションの基礎 -受精-. HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY 2008; 15:2-5.
     
  34. 伊川正人. カルメジン. In: 遠藤斗志也, 小椋光, 永田和宏, 森和俊, 田口英樹, 吉田賢右 (eds.), キーワード:蛋白質の一生: 共立出版 2008; 922.
     
  35. 伊川正人,宮下信泉,伊藤勇夫,塩見雅志. 動物実験施設等における負傷,疾病への対応について. アニテックス 2006; 18:13-19.
     
  36. 井上直和,伊川正人,岡部勝. 受精のメカニズム -イズモを中心に卵子と精子の結合に必要な因子とその異常に関連した受精異常について-. 産科と婦人科 2006; 73:735-742.
     
  37. 伊川正人,井上直和,岡部勝. 生殖と細胞接着. Molecular Medicine 2005; 42:1358-1367.
     
  38. 伊川正人, 上新結子, 岡部勝. トランスジェニックマウスを利用した機能解析. In: 月原 冨武, 新延 道夫 (eds.), 図・写真で観るタンパク構造・機能解析実験実践ガイド. 大阪府大阪市: 株式会社メディカル ドゥ 2005; 164-172.
     
  39. 伊川正人. レンチウイルスベクターを用いた遺伝子操作動物作製法. 脳21 2005; 8:86-90.
     
  40. 井上直和, 山口亮, 伊川正人. 受精はどこまでわかったか?. 蛋白質 核酸 酵素 2005; 50:1405-1412.
     
  41. 伊川正人, 岡部勝. 精子形成. In: 森脇 和郎, 山村 研一, 米川 博通 (eds.), モデル動物の作製と維持: 株式会社エル・アイ・シー; 2004: 435-443.
     
  42. 伊川正人,磯谷綾子, 岡部勝. GFPマウスを用いたイメージング. Bioベンチャー 2003; 3:86-88.
     
  43. 伊川正人. レンチウイルスベクターによるトランスジェニック動物作製法. 実験医学 2003; 21:509-514.
     
  44. 伊川正人,中西友子,岡部勝. 光るマウスの応用. 分子細胞治療 2002; 1:71(523)-579(531).
     
  45. 伊川正人,岡部勝. -受精と初期発生胚- 受精の分子機構. In: 新女性医学体系 受精と着床, vol. 14. 東京都文京区: 中山書店 2000; 63-82.
     
  46. 伊川正人,中西友子, 岡部勝. GFPの生物種別の適用例 マウス. In: 実験医学別冊 ポストゲノム時代の実験講座3 GFPとバイオイメージング. 東京都千代田区: 羊土社 2000; 130-141.
     
  47. 中西友子,伊川正人,山田秀一, 岡部勝. マーカー蛋白質green fluorescent proteinと受精研究への応用. Cytometry Research 1999; 9:27-33.
     
  48. 伊川正人,岡部勝. ジーンターゲティングによる変異マウスの作製. 日本味と匂学会誌 1998; 5:49-52.
     
  49. 伊川正人,岡部勝. 光るマウス!? 発光オワンクラゲの遺伝子をマウスで発現. 化学と生物 1998; 36:140-141.
     
  50. 岡部勝,伊川正人,山田秀一,中西友子,馬場忠. 発光オワンクラゲ由来の新規マーカーGFPとトランスジェニックマウスへの応用. J. Reprod. Dev. 1997; 43:19-25.
    https://www.jstage.jst.go.jp/article/jrd/43/6/43_97-436j19/_pdf  
     
  51. 伊川正人,岡部勝. 緑色に光るトランスジェニックマウス -新規マーカー、GFPの応用. 細胞工学 1997; 16:581-587.
     
  52. 伊川正人,岡部勝. 精子は何を認識して融合を起こすのか. 生化学 1993; 11: 1429-1433.